ダブルワークは当たり前?時代の流れと共に副業の存在も変化しています。

副業は当たり前の時代

今の時代、副業の存在は当たり前になりました。
2010年頃までは勤めている企業だけに尽くして、副業をしないのが是とされていたのです。

 

厳しい企業では副業が発覚すると退職に追い込まれるほどで、価値観がまるで違っていたと言えます。
令和の時代になった今でも、副業を禁止している企業はまだまだ多いでしょう。

 

しかし、現代ではむしろ副業が推奨される空気が出ており、価値観が大きく変わってきています。
副業が解禁された今、どのような生き方が良いのかじっくりと考えて行きましょう。

 

終身雇用は古い価値観

次のステージを表しているイメージ

 

“入社した会社で定年まで働く”そんな時代は終わりを迎えたと言って良いでしょう。
もちろん、1つの会社で働き続けるのも悪いことではありません。

 

しかし、給料がなかなか上がらず、大企業であってもリストラされるリスクがつきまといます。
正社員であれば困らない時代は、過去のものになっている事実を受け入れる必要があるのです。

 

新しい価値観としては、グローバル基準である転職活動でキャリアアップすることが重要になります。
自分の能力を高めてプレゼンを行い、新しい企業でより権限のある役職を手に入れて給料を増やすのです。

 

転職を悪とする時代もありましたが、現代はそうしたネガティブなイメージは無くなってきています。
終身雇用は古い価値観だということを、改めて肝に銘じておきましょう。

 

副業で生活を豊かにする

格差社会と言われる現代では、管理職になっても満足する給料が貰えないケースがあります。

 

また、40歳や50歳になっても平社員だと、給料が20万前後しかない事例も珍しくないのです。
生活するのが精一杯で、貯蓄がままならない人も大勢いるのが現実です。

 

そこで利用したいのが副業です。
空いた時間や休日を利用して副業を行えば、生活をかなり楽にできるでしょう。

 

例えば、副業で毎月3万円稼ぐと仮定します。
本業の収入とは別に3万円があれば、生活に少し余裕ができる上に貯蓄をすることも可能です。

 

会社の給料が上がらない人は、副業で稼ぐのが現代の価値観だと言えるでしょう。

 

>>月給制と時給制について

 

今の時代に人気の副業

自宅でパソコン作業をする男性

 

クラウドワークスやランサーズなど、気軽に副業を行えるサイトが増えてきています。
依頼者の要望に沿ってブログを書いたり文字起こしをしたりすれば、毎月3万円ほどの副収入が得られるでしょう。

 

これらは、スマホやパソコンがあればどこでも対応できるので人気の副業となっています。

 

通勤電車の中や帰宅後の深夜に自分のペースで行えるのが魅力的!

 

体力に自信があるならUber Eatsで食べ物の配達を行うのも良いでしょう。
自転車で運ぶので誰でも行えますし、空いた時間を有効活用できるので人気が急上昇しています。

 

ココナラというアプリを活用して、イラストやテキストを販売してみるのもありです。

 

今すぐ始められる副業がたくさんあるので、積極的に新しい価値観を取り入れてみてください。