低金利でお金を借りるために、各サービスの特徴を理解しておきましょう。

近年の金利事情

家のローンを表しているイメージ

 

落ち込む日本経済の影響は大きく、日々の生活費で精一杯になる人も多いでしょう。
貯金が無く大きな買い物ができずに困った経験がある人も少なくないはずです。

 

そうした時に頼りたいのが低金利で借りられる借金です。

 

借金という単語にネガティブなイメージを抱くかもしれませんが、住宅ローンや自動車ローンも借金と同じなのです。
学費などを借りるのも借金であり、意識しないだけで身近には様々な借金の手法が存在しています。

 

ここでは近年の金利事情を考慮した、低金利や高金利の借金の種類をまとめてみました。

 

低金利で借りられる種類

借金をすると、元金とは別に返済しなければいけない金利が発生します。
この金利が少なければ少ないほど借金の負担が減るので、なるべく低金利に抑えるのが節約になると言えます。

 

まずは、低金利で借りられる金融機関や貸金業から紹介していきましょう。

 

大手銀行

第一候補になるのが大手銀行です。
銀行で融資やローンを組むことができれば、金利は最低限に抑えられるのでお得になります。

 

不況と言われている近年であっても、やはり銀行の資金力は強い力を持っているのです。

 

住宅ローンや自動車ローンを始め、学費や生活費の借金も相談に乗ってくれるでしょう。
少額であれば銀行カードローンもあるので、最寄りの銀行でどんなサービスがあるか見てみてください。

 

地方銀行・信用金庫

次に、地方銀行や信用金庫も低金利で借金が行えるので注目です。
地域密着型の銀行であれば、条件次第でかなりの低金利に抑えることができるでしょう。

 

消費者金融

他にも、条件次第では消費者金融を利用する選択肢があります。
消費者金融は審査が早く使い勝手が良い分、金利が高いイメージがあるかもしれません。

 

しかし、初回利用やキャンペーン等を活用すれば、実質金利0円が達成されるケースも存在します。
返済期間が短いこともあり少額での利用に限られますが、便利な貸金業なのは間違いないでしょう。

 

このように低金利で借りられる金融機関や貸金業はいくつもあるので、目的に応じて使い分けてみると良いです。

 

高い金利が付く借金

ばつ印を作っている男性

 

闇金のような違法業者は論外として、一般的な相場より高い金利がついてしまう借金があります。
そうした高い金利の借金は経済的な負担になるので、出来る限り避けるようにするべきです。

 

さっそく、どのような借金が高金利になってしまうのか見ていきましょう。

 

クレジットカードに付帯する短期間のキャッシングは、高金利になりがちなので注意してください。
借りる金額が少ないので返済額も少ないように感じますが、金利は意外と高めになっているのです。

20万以下の借金であれば、金利が15%~18%という高い数値になる場合もあるでしょう。

 

また、SNSで個人から借金するのも金利が高くなるので危険です。
中には借金返済を待つ代わりに肉体関係を迫ってくるケースもあり、悪質な被害を受ける恐れがあります。

 

借金で苦しくならないように、金利が高く無いかをしっかりと意識するようにしてください。

 

>>ギャンブルは胴元は必ず儲かる?