パチンコや競馬などのギャンブルの仕組み・還元率についてご紹介します。

ギャンブルの仕組み

何かにお金を賭けている男性

 

お金と非常に近い距離感にあるギャンブルについて考えていきたいと思います。

 

パチンコや競馬、宝くじなどで一獲千金を夢見る人は少なくないでしょう。
「億単位のお金が手に入ったら何をするか」、そんな空想をしたことが誰しもあるはずです。

 

夢を感じさせてくれる楽しいものですが、そもそもなぜギャンブル業界は成り立っているのでしょうか?
ギャンブルの仕組みを知れば、お金に対する価値観も変化するでしょう。

 

表向きからは見えにくいギャンブルの仕組みを解説したいと思います。

 

ギャンブルは胴元が儲かる

最初に覚えておきたいのは、ギャンブルは胴元が儲かるような仕組みになっています。
そのため、大勝して胴元を破産させてやる、と息巻いても無駄なのです。

 

競馬や競艇など、お客さんからお金を集めて分配する方式のギャンブルから見て行きましょう。

 

例えば、お客さんの賭け金が合計で1億円集まったとします。
この時、競馬や競艇の胴元は自分達の売上を確保することから始めるのです。

 

具体的には、1億円の10%の1,000万を差し引き、残りの9,000万円をお客さんに還元しているとイメージしてみてください。

こうした仕組みで運営されているので、胴元は必ず儲かるようになっています。

 

だからこそギャンブル業界は成立していて、胴元VSお客さんではなく、お客さんVSお客さんが正しい構図だと言えるでしょう。
ギャンブル業界では胴元が赤字にならないような仕組みがあることを覚えておいてください。

 

ギャンブルごとの還元率

次にギャンブルごとの還元率に注目してみたいと思います。
お店ごとに設定が異なるのであくまでも目安になりますが、ギャンブルを嗜む上で参考にできるでしょう。

 

パチンコやパチスロは、還元率が85%~90%と高い水準になっています。
お店に1000万のお金が集まったら、850万から900万がお客さんへ還元されると考えて良いです。

 

公営ギャンブルになる競馬や競艇などは70%~80%ぐらいの還元率だと言われています。

 

そして意外なことに、最もクリーンなイメージのある宝くじ還元率が50%ほどなのです。

 

還元率が高ければ勝てる訳ではありませんが、ギャンブルごとにこうした還元率が設定されていることを意識してみましょう。
ギャンブルの仕組みを知ればお金の知識が深まり、人生の充実度アップに繋がって行くのです。

 

オンラインカジノは還元率が高め

パソコンでできるオンラインカジノ

 

インターネットを活用して海外のオンラインカジノを遊べる時代になりました。
定番のポーカーやバカラを始め、オリジナルコンテンツがいくつもあるので非常に楽しめるでしょう。

 

このオンラインカジノは還元率が90%から95%と極めて高い水準にあります。

 

カジノを行う土地や従業員が最小限で済むので、浮いた運営費用がお客さんへ戻ってくるのです。

 

クレジットカードや世界標準の電子マネーが必要になりますが、ギャンブルで勝ちを狙うなら挑戦してみても良いでしょう。